通夜の時間の目安

スポンサードリンク

本来なら夜通し行われるのがお通夜なのですが、現在では時間を限定して行っていることが多くなっています。この傾向は都市部で顕著です。そのため、遅刻していったら、すでに終わってしまっていたという悲劇に見舞われることになってしまいかねませんので、気をつけてください。

時間を限定して行うのは半通夜と呼ばれており、一般的に午後6時から10時ごろまで行われることが多くなっています。つまり、この時間よりも遅くなると、すでに人がいなくなっていたり、まだ残っていても迷惑になってしまうことがあります。

地域によっては一晩中誰かがいることもありますので、特に時間を限定していないこともあります。土地柄の慣習による差はありますが、こうした事情が分からないのであれば、午後8時ぐらいには到着できるようにしておきたいものです。早めに終了する予定だったのに、遅刻してきた人のために遺族が困惑してしまうようなことのないようにしておきましょう。

遺族の方は通夜の際に食事の世話をしたり、受け取った香典の処理をしたりしなくてはなりません。また、葬儀の手配や打ち合わせが残っていることもありますし、心労もありますので、とても多忙な状態になっています。一人だけ遅い時間に訪れてしまうと、ますます追い討ちをかけることになりかねませんので、遅刻をするにしても迷惑をかけない範囲にとどめておきましょう。

時間に間に合わなくても大丈夫

お通夜の開始時間に間に合わないとしても、それ自体は気にやむ必要はありません。間に合うように行くのが理想なのは間違いありませんが、仕事をはじめとして様々な事情があるのは当然のことですので、同じタイミングで一同に揃うことは想定されていないためです。

時間が合わないからといって、参列を諦める必要はありません。故人を悼む気持ちを持って駆けつけることが大切です。

スポンサードリンク